2008年03月30日

旧八頭郡 大己貴命を祀る社

 次に、やはり気になるのが、古事記神話に登場する大己貴命です。これについても『鳥取県神社誌』で調べました。
 岩田神社 旧郡家町石田百井
 大江神社 旧船岡町橋本
 三谷神社 旧河原町三谷
 黒木神社 旧河原町高福 御井の神は旧八頭郡内ではここと、大江神社で祀られています。
 都波只知上神社 旧河原町佐貫
 山上神社 旧河原町佐貫山上
 小倉神社 旧河原町佐貫小倉
 中井神社 旧河原町西郷中井
 多加牟久神社 旧河原町西郷本鹿
 牛戸神社 旧河原町西郷牛戸
 小畑神社 旧河原町西郷小畑
 弓河内神社 旧河原町西郷弓河内
 高藤神社 旧郡家町大御門大門
 隼神社  旧船岡町見槻中
 若桜神社 若桜町若桜
 三輪神社 智頭町南方
 金刀比羅神社 智頭町坂原
 温宇井神社 智頭町波多
 大内神社 智頭町大内
 温江神社 智頭町駒帰
 河野神社 智頭町土師三吉
 以上21社です。
 このことから、大己貴命を祀る社は旧河原町の佐貫・西郷地区に集中していることがわかります。ここには大己貴命の関連の地であることを知った多加牟久命が永住の地とした、という神社の縁起ともいえるものも残っているのです。大己貴命はやはり八上姫としばらくこの西郷辺りに居住されたのかもしれません。
 祭神関連の社が1社であっても、相当な由緒を持つ場合もあります。
 祭神が集中して祀られているという場合にはほぼ重要な意味があるものと思われます。
 


 
posted by yakamihakuto at 19:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 大己貴命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧八頭郡 天照大神を祀る社

 この流れでいくとやはり気になるのが、旧八頭郡内での天照大神を祀る神社です。
 『鳥取県神社誌』で調べました。ただし、たとえば、米岡神社祭神には天照大神の名が挙げられていないなどの致命的なミスがありますので、大まかな目安としてみてください。
 やはり式内社は一つもありません。このことは注目すべきことでしょう。
 
 米岡神社 旧郡家町米岡
 赤倉神社 旧船岡町栃谷(大江谷)
 北村神社(日月宮) 旧河原町北村
 隼神社 旧船岡町見槻中
 日高見神社 旧八東町小別府
 若桜神社 若桜町若桜
 鷹狩神社 旧用瀬町鷹狩 
 岩神神社 智頭町岩神
 向田神社 智頭町土師穂見
 土師神社 智頭町土師埴師
 計10社です。
 
 町単位でみると、式内社の最も少ない智頭町に多く(といっても3社ですが)祀られています。
 伝承が残っていた伊勢道の舂米付近に天照大神を祀る神社があってもよさそうなのですが...。
 
posted by yakamihakuto at 18:43| Comment(3) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧八頭郡 天穂日命を祀る社

 『鳥取県神社誌』で旧八頭郡内、天穂日命を祀る神社を調べてみました。もっとも、『県神社誌』にも記述漏れや、誤記もわずかに見受けられるため、完全に正確とはいえないことをご了承ください。
 賀茂神社 旧郡家町宮谷 稲荷集落の土師神社の合祀による
 大江神社 旧船岡町橋本
 都波只知上神社 旧河原町佐貫
 都波奈弥神社 旧河原町和奈見
 湯谷神社 旧河原町湯谷
 隼神社 旧船岡町見槻中
 日下部上神社 旧八東町日下部
 諏訪神社 智頭町智頭
 
 
 調べてみるとそれほど多くはないことがわかりました。しかし、旧八頭郡には土師氏をルーツとする集落はかなり多いことに変わりはありません。
 八上では土師百井、池田、福本、門尾の土師郷があり、大江神社のある大江谷もほとんど全域が土師氏ルーツと考えられます。八東町日下部や丹比も若桜町舂米も土師氏ルーツです。智頭町にも土師郷があり、そこにある土師神社は祭神こそすり替わった可能性があるものの、神社名にそのルーツの証拠を残しています。天穂日命ではありませんが、その御子神である大背飯三熊大人命を祀る田原神社が若桜町長砂に鎮座しています。この地は祭神となんらかの関係があると思われます。
 残念ながら、昨夏、図書館で『鳥取県神社誌』のコピーを八頭郡の分しか入手し得てないため、他の地域との比較ができません。(あしからずご了承ください。)
posted by yakamihakuto at 18:18| Comment(0) | TrackBack(1) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧八頭郡 瀬織津姫を祀る社

 『鳥取県神社誌』であらためて旧八頭郡内の瀬織津姫を祀る社を確認しました。
 以下に記します。
 大江神社 旧船岡町
 湯谷神社 旧河原町西郷湯谷
 北村神社(日月宮) 旧河原町北村
 隼神社  旧船岡町見槻中
 舂米神社 若桜町舂米
 池田神社 若桜町池田中原
 麻生神社 旧郡家町私都麻生
 野町神社 旧郡家町私都野町
 美幣奴神社 旧郡家町私都篠波
 花原神社 旧郡家町私都花原
 東井神社 旧用瀬町用瀬
 諏訪神社 智頭町智頭
 虫井神社 智頭町大呂
 白坪神社 智頭町西谷 (単独で瀬織津姫のみを祀っています。)
 上市場神社 智頭町智頭(『県神社誌』には記載されていません。)
 旧八上郡内に計10社、旧八頭郡内全体で総計15社あることがわかりました。
 智頭町では、少し前、縄文時代の西日本最大の遺跡といわれる智頭枕田遺跡が発掘されており、古くから開けていた所であることが判明していますが、式内社が極端に少ないところです。
 
posted by yakamihakuto at 17:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 瀬織津姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

大屋町と須賀の山

 以前紹介した『須賀の山雑記』によれば、須賀の山、即ち現在の氷ノ山は、須佐之雄命のご住居のあったところと推定されています。そしてあの有名なヤマタノオロチ退治の伝説も、八上が舞台であるとしています。
 須佐之雄命の御子神に大屋彦命がいますが、須賀の山の南東、兵庫県には大屋町があります。ここには大屋彦命を祀る社もあるので、この説は今まで誰からも気に止められなかったようですが、ひょっとすると本当かもしれません。しかも大屋彦は八上姫と大己貴命の間に生まれた御井の神を祀る御井神社に祀られているのです。
 以前にも記しましたが、因幡国の神社で最も多く祀られているのは断トツに須佐之雄命です。確かに須佐之雄命は全国津々浦々で祀られていますが、これほど多く祭られている地域は他にはないのではないでしょうか。『鳥取県神社誌』を見て、本当にその数の多さに驚きます。旧八頭郡(郡家、船岡、八東、若桜、河原、用瀬、佐治、智頭)全199社中、実に84社に須佐之雄命が祀られているのです。
 八上の中心地は現在、八頭町という名前ですが、これも単なる偶然とはいえないのかもしれません。
posted by yakamihakuto at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 若桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

You Tubeで発見!

 グーグルのホームページ画面にYouTubeへのリンクがつながりました。本当にここにはさまざまな映像が集められています。
 最初のうちは、筆者が若かりしころより夢中になっている外国のミュージシャンたちの超絶技巧を演ずる映像を求めて見ていたのですが、ふと「天照大神」で検索するとどうなるのか試してみた所、出てくるではありませんか。そこで発見したのは、天照大神伝承地=めずらし峠です。YouTubeのおかげでまた新たな発見ができました。
 実は天照大神の伝承地に関しては、全国的にも極めてまれであることは以前にも述べました。筆者が知りえた場所として地元の八上、そして岐阜の恵那山、島根の隠岐、奈良の長谷寺のうち、隠岐の伝承はインターネットで発見したものでした。インターネットのおかげで、ウサギ神を祀る全国の神社の情報をはじめとして、そのほかにも様々な情報を得ることができました。インターネットの時代になってはじめて、これだけの情報を集められるようになったといえるでしょう。(確かにその情報は正確に吟味しなくてはならないのですが、)一昔前までは大きな図書館に出向いても到底得られないような貴重な情報を、今では容易に得ることができるのです。
 書籍を出版の後にも筆者には、新たな発見や新たな視座が加わっており、もし可能であるならば、改訂版では新たに書き改めたり加筆すべきことが多く出てきています。
 その一つとして、天照大神と天児屋根命の伝承地=三重県松坂市の「めずらし峠」をYou Tubeで発見したのです。峠を通過する映像ですが、この映像を通じて、この地で、天照大神と天児屋根命が出会われた、という伝承が残っている事を知ることができました。たいへん貴重です。天児屋根命は藤原氏の氏神神社である春日大社の祭神ですが、ここが、藤原氏に特に重視されていないことにも注目すべきでしょう。
 松坂といえば、本居宣長の私塾「鈴屋」のあったところです。宣長は賀茂真淵と出会って以降、唐心(からごころ)を捨て去り、中国の影響を受けた『日本書紀』ではなく、『古事記』の研究に専ら取り組んで膨大な『古事記伝』を残しました。因幡の安陪恭庵と同じく、本業は医者でした。
 先日、神戸で八上の白兎と天照大神の伝承について、恥ずかしながら筆者が講演する機会がありましたが、そこに参加された方の中から、あの大阪府枚方市の私市(きさいち)にも天照大神の伝承がその地に伝わっていることをお聞きしており、今後の調査・研究課題となっています。
 記事更新の頻度は低くなりましたが、なかなかこのブログにも終止符を打つことができません。
posted by yakamihakuto at 21:09| Comment(8) | TrackBack(1) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

石破元教授 講演会in河原

 石破 洋島元根県立女子短期大学教授の講演会が、八上、現鳥取市河原町で催されたようです。日本海新聞の記事ネット版につなぎました。ご覧ください。
posted by yakamihakuto at 12:41| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

八上姫と白兎

  八上姫と白兎は、因幡の守護神でしょう。
 ふと気がついたのですが、数ある神社の中で因幡を代表する神社は、一宮宇倍神社、地名由来の稲葉神社、因幡の祖神といえる天穂日命神社、二ノ宮ともいわれる大江神社といえるかもしれません。また、別の機会に述べますが、因幡で最も多い、スサノヲノミコトを祀る神社も重要です。(あまりこのような格付けをすべきではないとは思いますが…。)
 宇倍神社は八上の賣沼神社とも関連のあるお社で、八上姫の伝承も伝わっています。
 稲葉神社には八上姫が祀られています。
 天穂日命神社には四柱の波兎神の彫刻が施されています。
 大江神社境内には現在本殿に合祀されていますが、元は八上姫を祀る摂社がありました。
 
 因幡国境や、郡境にも白兎神、または八上姫と関連する地があります。
 まず気多の崎ですが、これは石破洋元島根県立女子短期大学教授の説によれば国境付近の現鳥取市青谷町の長尾鼻辺りです。ここには八上姫の伝承とともに八上姫を祀る塩津神社があります。
 但馬との国境付近には岩美町、御湯神社があり、(ここは伊勢宮とも呼ばれますが)八上姫を祀っています。
 同じく但馬との国境付近の鳥取市国府町菅野に八上姫を祀る酒賀神社があります。そしてかつての氷ノ越え国境には大兎明神を祀る因幡堂があったのです。
 八上では、郡境付近の三本松あたりが、天照大神を案内した白兎神の出現の場のように思えます。
 そして、八上の防衛上の見地から、重要な地点と思える、平野が広がり、日本海へと通ずる千代川、その上流に八上姫を祀る賣沼神社と嶽古墳のある簗瀬山があります。このように因幡の要所要所に守護神として祀られており、八上姫と白兎は因幡の守護神として位置づけられていたように思えます。
 また、土師氏の末裔と思われる集落が氷ノ山(赤倉山)麓、智頭町の国境付近にあることもそれと関連するのではないかと思われます。
 

posted by yakamihakuto at 13:40| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。