2008年06月29日

元伊勢内宮 七十八社

 元伊勢内宮の大林宮司に末社についてうかがいました。あいにくの梅雨空でしたが、逆にこれが、神秘的で荘厳な雰囲気を更に色濃くしていました。薄霧に包まれた内宮境内と、霞たなびく日室岳はかえって好天のときよりも神々しさを強く感じます。
 大林宮司は元伊勢について深く調べておられ、祭神についても「元伊勢内宮境内社一覧」として纏められ、筆者はその写しを頂戴しました。これには、御前社や参道のお社、昭和にはいってから新たに祭られた社もすべて含め、全86社が掲載されています。
 まず一番気になるのは、やはり、内宮本殿の真北に位置する荒祭神社でしたが、大林宮司は、「一覧」の中で、明確に瀬織津姫(皇大神の荒魂)と記載しています。
 本年最初の記事でも述べましたが、これは、伊勢神宮の正殿と荒祭宮との位置関係と同一です。大林宮司もそのことはご存知でした。そして、この七十八の末社の基本的位置は昔から大きくは変ってないようだ、とのことです。
 内宮本殿西側にある、社殿跡らしき遺構についてもお聞きしましたが、そこには以前、遷宮時のためのものと思われる社が二つあったらしい、ということです。
 あわせて、内宮の例大祭の日についてお聞きしました。古来より毎年、四月二十六日に行われているそうです。そのため、その祭りに合わせて内宮神楽殿に奉納されている天照大神の像(明治四十五年)も、再建された七十八の末社の奉納日(昭和五十二年)も四月二十六日の日付が記されているのです。
 舞鶴の大川神社が四月二十三日、天橋立の籠神社が同二十四日、加悦谷の諸神社が同二十五日、そして皇大神社が同二十六日、というふうに、農業が諸産業の中でも中心であったかつての時代には祭日が連続して並んでいたそうですが、大川神社や加悦谷では現在は諸事情に合わせて、ゴールデンウィーク中の祭日に例大祭の日を変更しているそうです。
posted by yakamihakuto at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬織津姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388410215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。