2009年02月01日

瑞垣

 伊勢神宮の神宮司庁広報課は、年に3回、『瑞垣』という神宮紹介の冊子を発行しています。神宮のさまざまなイベントや、皇室の方や著名人の参宮の記録、寄稿されたさまざまな分野の方々のエッセイや論文などが掲載されています。
 少々お堅い内容ですが、時折、非常に興味深い読み物もあり、筆者もすでに10年近く定期購読しています。といっても、実際は、ほとんど郵送料くらいの値段です。詳しくは神宮司庁広報課へ御問い合わせください。
 ちなみに、最新号では、宇治橋の架け替え、宇治橋の守護神社、橋姫神社が特集されています。

 筆者も『瑞垣』に掲載される記事からこのブログ記事に反映させているものも少なからずあります。


 

posted by yakamihakuto at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 仕事で12月から山口の防府に行っていました。
 防府に立岩稲荷神社があり、主祭神が豊受大神様となっていました。その理由は宇賀能御魂命と豊受大神様が同一人物だと書かれています。調らべてみると、ホツマ伝にこれにもう一柱くわえて三柱が同じ神社に祭られる理由が書かれてあります。当然この二柱は別の神様だということです。ホツマ伝は本当に面白いなと改めて感心させられました。
Posted by 勝河 at 2009年02月03日 15:44
 「ホツマ伝にこれにもう一柱くわえて三柱が同じ神社に祭られる理由が書かれて」とありますが、すみません、私もまだあまりよく読んでおりませんので、もう少し補足していただくとたいへんありがたいのですが。
 豊受大神とウカノミタマは別の神であることは存じております。
 伏見稲荷に祀られているのがウカノミタマですね。
Posted by 白兎の小使い at 2009年02月03日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。