2009年02月25日

ホツマの天照大神御製

 天が下  和して巡る  日月こそ
 晴れて明るき  民の父母なり
 
 アメガシタ ヤワシテメグル ヒツキコソ
 ハレテアカルキ タミノタラナリ

 実はホツマには天照大神のお詠みになった歌がいくつか掲載されています。
 すでに紹介した氷ノ山山麓に伝わる御製は、ホツマには掲載されていませんが、そのほかにもサツサツズ歌も天照大神のおつくりになった歌として紹介されています。

このほかにもホツマには神々の詠まれた歌がかなり紹介されています。
もちろん、歌だけではなく、天照大神ほか、神々の御教えがふんだんにちりばめられています。これらをすべて消し去って、神話時代の事実をかいつまんで、歪曲し、神々の関係を捻じ曲げ、あるいはわからなくして出来上がったのが記紀であることが、比較してみるとよくわかります。 
 以前にも述べましたが、「万葉集の中の詠み人知らずの歌の中には相当数、私たちの祖先神の詠まれたものが数多く含まれている」(白兎の小使い説)と見て良いでしょう。八上の氷ノ山に伝わる天照大神御製の存在確認によってこの説は生まれました。おそらく今までそのような見解を出した方はいらっしゃらないと思います。
 
 ホツマにはアシヒキノ ヌバタマノなどの枕詞の解説までなされているのです。
 古代の歌謡を研究する人にとってホツマは必須の書と言えるでしょう。
 フトマニの占いに用いられた128首の歌は、天照大神が編纂されたものと伝えられています。
 
posted by yakamihakuto at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。