2009年03月03日

世界の中の鳥取の神話Pt2

 世界の中の鳥取の神話の第2弾が催されたようです。
 地元のある方からメールでお知らせ頂戴しました。ありがとうございます。いつもお世話になります。
 またまた、毎日新聞に詳しく記事が載っていることもお教えいただきました。ありがとうございます。
ここ数年、動きが活発化しています。たいへん喜ばしいことです。
 私の頭の中でもこの3年間くらい兎が飛び跳ねています。頭からはなれません。
posted by yakamihakuto at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界の中の鳥取の神話Part2が開催されていたとは知りませんでした。
ここのところ、活発ですね。神話に人の心を動かすものがあるということでしょう。
実際私も心を動かされていますからね(^^;)
Posted by funaoka/fukumoto at 2009年03月03日 23:10
 筆者はこう思います。巷にさまざまな種類の書物が出版され、大型書店には所狭しと並べられ、発行部数を競うようにしています。
 ベストセラーも多く出版されます。
 政治、経済、法律、流行の思想や論説、歴史学説、語学の指南書、学習参考書、小説も百花繚乱のごとくです。
 しかし、これらのうちのどれほどが、数百年の後の世の人々に読まれ続けるのだろうかと。
 日本においては、神話に関するもの、神々の研究に関するものは後世にも残っていく可能性が高いと思います。
 日本人の心の奥深くに残っていく本源的なものだと思います。
 
Posted by 白兎の小使い at 2009年03月04日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。