2007年03月01日

那岐神社

土師の里は八頭郡智頭町にもあります。筆者は智頭と八上は深い関連を持っているように思います。特に船岡の大江谷から一山越えた辺りはその関係の深い所であることは以前紹介したとおりです。
 美作国との境に接する那岐にも土師郷があります。那岐とはイザナギノミコトの由来の地であり、伝承も遺されているようです。那岐神社は、おそらく全国唯一、祭神が古事記記載の神代七代の神であり、その表記が古事記のそれと一致しています。元は那岐山の頂上にお祭りされていた伊邪那岐・伊邪那美の二柱の神を因幡と美作に分けて祀ることになったそうです。由緒書きによれば、「那岐神社は明治以前、那岐大明神といわれ那岐地区はもとより智頭町の各部落千数百戸の崇敬が厚く例祭日(以前は9月9日)には遠近より多数の参拝者がお参りした。」とあります。宮司家はいつのころからかは聞きそびれていますが、奈良の大神神社の神官がこちらへ赴任してきたのがルーツだそうで、三輪氏を名のっています。
 因幡の南西の国境の守護の地である那岐神社には、因幡南東国境のスサノヲノミコトの伝承地でもある須賀の山の造化三神同様、原初の神々が祀られているというのは実に不思議なことです。因幡の中央には天照大神と白兎神の伝承があり、関連の社が霊石山麓にあります(米岡神社と3つの白兎神社)。因幡の北東には豊受大神と目される稲葉大明神が祀られ、そして因幡の北西には大己貴命と関連する気多の崎があります。

那岐神社
posted by yakamihakuto at 23:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 智頭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。